トップページ »  » 使い捨てコタンクトレンズのデメリット2

使い捨てコタンクトレンズのデメリット2

視力が悪くなると、メガネやコンタクトレンズに頼る方が多いと思います。最も最近では、近視手術などのレーザー治療によるレーシックをする方も増えてきているので、そちらを選択する人も多いのではないかと思います。しかし、手術には抵抗があるという方もいるでしょう。そんな方にはこのコタンクトレンズ、特に使い捨てコタンクトレンズが便利なのではないでしょうか。

さて、この使い捨てコンタクトレンズですが、これにはいい面、悪い面両方を兼ね備えています。今回は、悪い目、デメリットを見てみたいと思います。まず、この使い捨てコンタクトレンズはレンズが薄くまた柔らかいものが多いため、破損しやすいていう点が挙げられます。こうなると目にもトラブルがが出てくるのではないかと思ったりもします。最近ではこの点は改良されているようですが、まだ完全とはいえません。また、使い捨てコンタクトレンズは一度外してしまうと、もうそのコンタクトレンズは使用することができません。

次にコンタクトレンズを装用する時は、新しいものをしないといけなくなります。そして、比較的短期間でレンズを交換しないといけないので、通常のコンタクトレンズと比較して価格が割高になってしまうということもあります。その他にもいろいろとデメリットはありますが、これらに注意して、装用してもらいたいと思います。