トップページ »  » コンタレンズの実態

コンタレンズの実態

私は以前コンタクトレンズをしていた時がありました。もうかなり前になります。ですのでその当時はまだ使い捨てのコンタクトレンズなども無く、ただ普通のまた価格も今と比べてとても高いレンズをしていました。

これって一度目から落として失くしてしまったら、例えはそれが片方だけでも、次回購入する時は両目のコンタクトレンズを購入する事になります。ですのでその出費も高くついてしまうのです。ゆえにその当時は一度目から落ちたら皆で必死で探していた事を思い出します。それだけ大切な物だったんだなと実感しています。

そしてその後はコンタクトレンズを中止してメガネに変えたのですが、やはり毎日の生活の事を考慮したら、コンタクトレンズがいいかなと思う事も多くなってきました。現在のコンタクトレンズは使い捨てのものも出てきているのでその使い勝手もだいぶんと良くなっている様ですね。私の目にFITするものがあればいいのですが、とりあえず眼科に相談してみようかと思っています。